<< 柴犬は世界中で大人気 | main | アルマ望遠鏡の産みの親 石黒正人さん >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.09.04 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    不毛の地ムスタンを桃源郷にした日本人

    0

       不毛の大地を桃源郷に変える仙人

      ネパール連邦民主共和国
      人口2800万 ヒンズー教と仏教
      物価は日本の1/4 路上散髪60円(50ルピー)

      プロペラ機で
      カトマンズ→ポカラ→ムスタン(ジョムソン空港)
      ネパールと中国の国境付近

      標高2700m 
      ここは、かつてムスタン王国と呼ばれた。
      年間降水量が少なく、年中強風が吹き荒れる過酷な大自然。
      この厳しさに耐えながら、貧しい暮らしをする人々。
       
      村人
      「近藤お爺さんのことは村中の人が知ってますよ」

      近藤 亨 先生 90歳

      草木のない不毛の地
      岩と山が永遠と続く景色
      突如、豊かな緑が現れる。
      不毛の地ムスタンに果物や野菜が実っている。

      シャン農場
      1995年 ムスタンで初めて作られた農場
      遅れているムスタンの農業技術を高める為に
      近藤先生が自ら作った農場。

      石垣で囲まれたビニールハウス

      石の保温効果によりハウス内の温度
      が下がらない。
      石の保温効果で中はいつも適温。
      キュウリ、トマトなど数々日本野菜が栽培されている。

      近藤さんはここで地元の人々に食べて美味しい作物の作り方を指導している。
      7種類の果物と10種類の野菜を栽培

      近藤先生の元にたくさんの村人が集まり指導を受け、
      学んだ農業技術を自分達の畑で活かしている。

      村人
      「近藤さんのお陰で、この辺もだいぶ緑が増えたわ」
      「近藤さんのお陰で、村人の生活も豊かになってきている」

      ムスタンで収穫された野菜は、ポラカの青果市場に出荷されるようになった。
      ムスタンのジャガイモ 人参 形は不揃いだが、甘くて美味しいと評判。

      近藤さんはなぜムスタンに来たのですか?
      「日本人として生まれた以上、武士道の精神で
      ムスタンのような途上国を救いたい。
      小学校を出ると皆すぐ出稼ぎに行く。
      そんなムスタンの子供たちや、村に残されたお年寄りを見ると涙が出ます。
      そんな出稼ぎを辞めさせるには、ここで農業技術を指導して村を豊かにするしかない。」

      1976年 近藤さん66歳
      新潟大学 助教授であった。
       国際協力機構JICAの一員としてムスタンに派遣
       
      1991年 故郷の新潟の家と土地を売り払い
      70歳で単身 ネパールに渡った。

      標高2700m 世界最高地での稲作の研究

      何度も失敗を重ね
      4年目にして初収穫に成功
      そもそもムスタンで農業ができると確信したのは
      ヒマラヤ山脈の雪解け水の存在。

      この水と広大な土地を使い、作物作りと共に始めたのが家畜の放牧。

      家畜の堆肥が、大地を肥料となる。
      不毛の地でも作物が採れるようになった。


      家畜の堆肥で土を肥沃にし作物を育てる。

      その農作物が家畜の餌になる。
      自然を連鎖させることで不毛の大地が緑の楽園になった。

      農業をするには人がいる。
      人がいれば知恵を付ける学校や、健康を守る病院もいる。
      こうして近藤さんは、村に学校17校
      給食付の託児所や病院も作った。

      不毛の大地に作物を作りたい
      その思いは、この地の人々の生活そのものを変えた。

      1997年 ネパール国王から勲二等章 を授かる
      しかし、活動の資金は自ら 日本での講演会などで集める寄付金

      脳梗塞、癌も発覚 体が昔のように動かなくなった。

      有沢 章太さん 26歳
      1年半前から近藤さんの手足となって共に活動し現場を仕切っている。

      ジョムソン村
      MDSAネパール・ムスタン自領会 事務所で生活

      近藤さん 朝2時に起床
      支援者への礼状書き
      「最後の仕上げがあと数年で見事な農場が完成するんだから、
      何としても桃源郷を作る為に、最後の死力を尽くして頑張る」

      やろうと思えばムスタン中の村の人達は、
      ヒマラヤの雪解け水が各村々にあるから
      やろうと思えば同じようなことができる。

      有沢さん
      近藤先生の桃源郷の夢をかなえるというのが僕の夢です。」


      スポンサーサイト

      0
        • 2013.09.04 Wednesday
        • -
        • 12:46
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        もう少し大きく写真を載せてください
        • 匿名
        • 2017/07/08 7:37 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック